HOME>Column>住まいのことを考えるなら東京の外壁塗装業者に依頼しよう!

住まいのことを考えるなら東京の外壁塗装業者に依頼しよう!

刷毛

外壁塗装が必要なワケ

なぜ外壁塗装をする必要があるのか、その理由の一つとして「家をダメージから守る」ということが挙げられます。雨や紫外線、強風など家の外壁塗装は常に、様々なダメージにさらされているのです。塗装をしている壁としていない壁では、こうしたダメージに対する耐久性が違ってきます。傷んだ外壁をそのままにしていると、ひび割れや崩れなどのトラブルが起きやすくなり、やがて家の建材そのものが劣化してしまうでしょう。家の美観を保つということも、外壁塗装が必要となる理由の一つです。剥げかかった壁や変色した塗装は、家の見た目を大きく損なってしまいます。東京には外壁塗装を専門とする業者が数多く存在していますので、定期的にメンテナンスを依頼しましょう。

ローラー

外壁塗装をしたほうが良いタイミング

外壁塗装いつどんなタイミングで行うべきでしょうか。塗装の耐用年数は塗料の種類によって異なりますが、大体8年から20年程度といわれています。ウレタン塗料なら8年から10年、光触媒塗料なら約20年程度が塗替えの目安です。しかしこれらはあくまでも目安であり、実際の耐用年数は環境や気象の影響などによって左右されます。東京エリアには台風なども頻繁に訪れますから、定期的に外壁をチェックし、傷みの状態などを確認することが大切です。塗装にひび割れが生じていたり、一部剥がれ落ちていたりするなどの問題が見つかったら、外壁塗装を検討するタイミングだと考えましょう。そのまま放置しているとひび割れた部分から雨水等が侵入し、建材の劣化を招くことがあります。